本文へ移動

遮熱シート:サーモバリア・ファーナスプロテクション・ヒートシールディング

夏は涼しく・冬は暖かく! 『遮熱シート』

超高性能の遮熱材で、大幅省エネを実現します!

遮熱シートについて

「真夏の暑さ・熱対策」「熱源のエネルギーロス改善」に 活用できる!

1、断熱材だけでは防げない、輻射熱を97%カットする遮熱材

2、アルミ純度99%以上のアルミ箔を使用した遮熱シート

3、「優れた反射性能」、物体から放出される熱を抑える(=閉じ込める)特性もあります。

4、夏の太陽の輻射熱による建物の温度上昇を抑え、体感温度を下げ、クーラーの使用を抑制

5、冬場にも効果あり。室内で発生する輻射熱を室内側に反射し、建物内の温度低下を防ぎます。

断熱と遮熱の違いとは?

断熱

断熱の効果
熱の伝わる速度を遅くする素材『断熱材』

遮熱

遮熱の効果
熱(輻射熱)を反射し、
熱の侵入を阻止する『遮熱材』
熱は川の流れの様に、
高い温度から低い温度へと媒体(金属・布・プラスチック)を通り伝わります。

『断熱』は熱源からの熱の伝わりを遅くします。
グラスウールやロックウール・布など、いわゆる『鍋つかみ』のようなイメージです。

熱い鍋を持つときは必需品ですが、『鍋つかみ』も長く持っていると熱くなります。
これら断熱材は、熱の伝わりが遅いだけで、いずれ熱くなります。(断熱材に熱が蓄積されます)

一方、『遮熱』はアルミ主成分のシートで輻射熱を反射し熱を伝え難くします。
しかし伝熱(伝わる熱)により熱くなります。(遮熱材は内部…熱源側…に反射します)

熱を伝える仕組みが違いますが、100%そのまま伝えないと言う点は同じです。

輻射熱とは

太陽から放出される熱のことで、物体の温度を上昇させます。

輻射熱が当たるとより熱く感じます。


サーモバリア遮熱材を建物の屋根や天井に用いると

輻射熱を97%反射して室内を自然環境に近い状態に保つことが可能です。


夏は涼しく、冬は暖かく感じる素材です。

省エネのために重要なこと

省エネポイントは輻射熱を反射すること使える場所は、多種多彩です。

1.工場設備などに活用すると体感温度が低下し、作業環境が改善される。


2.基本料金が下がる(電力消費量削減)。

 夏場の作業、空調コストが見直すことが出来る

 熱を発している場所に適用することでエコ環境に!

室温29度でもエアコン不要に?冬は外が寒くても暖かく感じる!

輻射熱がカットされると体感温度が変化し、夏場は涼しく冬場は暖かく感じます。

節電の夏に効果大!冬の効果は?

冬の節電効果
冬のお客様空調機消費電力の年比較による節電効果比較。
今、日本の夏は35℃を越える猛暑日が連日続き、電力のひっ迫化による計画停電や、節電の呼びかけがありました。

遮熱シートにより、夏の太陽熱(輻射熱)を反射させることで、
例えばクーラーの効きを良くして節電することが可能です。

『遮熱シート』本来の機能である『輻射熱の反射』で、
冬も室内の熱を室内に反射し、暖房の省エネが出来ます。

遮熱シート「サーモバリア」ラインナップ

※下記からもご覧いただけます。

高温用「ファーナスプロテクション」&「ヒートシールディング」

施工事例

お問い合わせはこちら

遮熱シートサンプル無料配布キャンペーン実施中

豊田汽缶イチオシの省エネアイテム、
サーモバリアフィット『遮熱シート』のサンプルを限定で無料配布しています
省エネ素材をぜひ体感してください。

【プレゼントサンプル】
遮熱シート『サーモバリアフィット』30cmx22cm(約A4サイズ)

【サンプル応募方法】
お問合せフォームより、備考欄に遮熱シートサンプル希望」と記載の上
必要事項をご入力ください!(限定となりますのでなくなり次第終了となります)


※設備が複雑で、温度条件の違いがある場合は、現地にて下見確認が必要です。
別途ご相談下さい。
2024年5月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2024年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  • とよたビジネスフェア出展
  • GW休業
  • 請求書締切日
メディア実績

豊田汽缶人気ランキング
訪問者数
0
0
0
1
2
3
3
1
8
TOPへ戻る