本文へ移動

エコアクション21

エコアクション21
エコアクション21は、環境マネジメントシステム、環境パフォーマンス評価及び環境報告をひとつに統合したものとなります。エコアクション21に取り組むことにより、弊社のような中小企業でも自主的・積極的な環境配慮に対する取り組みが展開でき、かつその取り組み結果を「環境経営レポート」として取りまとめて公表できるものとなっております。

豊田汽缶の環境方針

私たちは、資源と自然の大切さを自覚し、日常業務を通じて循環型社会の構築と地球派の環境負荷の低減を目指し、環境方針を制定しております。

環境レポート(1275KB)

  1. ボイラ整備と空調設備清掃及び省エネ設備販売を通じて、従業員一人一人が仕事の中で自覚と責任を持って、環境保全のため、継続的な改善と汚染の予防に努める。
  2. 環境関連法規、条例、等で定められた規定及び要求事項を遵守するとともに、自ら定めた遵守事項を確実に守る。
  3. 環境負荷の低減を念頭に、省資源、省エネルギー等、各種取り組みに対し目的・目標を設定し、積極的な取り組みをおこなう。
  4. 環境事故を防止するため、常に安全第一で作業をおこなう。
  5. 地域との対話と美化を大切にして、地域の人々から愛される企業を目指す。

豊田汽缶のサスティナビリティとエコアクション

豊田汽缶は以下のエコに関連するサスティナビリティを推進しております。

1. ボイラ整備と空調設備の整備及び省エネ設備販売を通じて、環境保全のため、
 継続的な改善と省エネに努める。

2.環境関連法規、条例、等で定められた規定及び要求事項を遵守する。
 自ら定めた環境保全計画を進め、チェックし見直す。(PDFC)

3.環境負荷の低減を念頭に、省資源、省エネルギー等、各種取り組む。

4.全ての工事において、環境改善に取り組む。
 地域との対話と美化を大切にして、地域の人々から愛される企業を目指す。
サステナビリティとは、普遍的な概念で、
人類が永続的に配慮をしていかなければいけない概念です。(期限はありません)

SDGsは2030年までにサステナビリティを実現する為に、国連が定めた「持続的な開発目標」です。

豊田汽缶は環境を中心に取り組んでおりますが
人間活動、特に文明の利器を用いた活動を指すことも含まれています。

サスティナビリティは将来にわたって持続できるかどうかを表す概念であり、
エコロジー、経済、政治、文化の4つの分野から成り立っているとされています。

特に環境問題やエネルギー問題においては重要な課題になっています。

経済産業省でも企業に対しては、気候変動や人権問題、多様なSDGs課題、
企業はサステナビリティを経営の中核に置き、経営の持続可能な強靱性を高めることが
求められています。

各国及び地域において、サスティナビリティ関連情報の開示に関する基準の整備なども
進展しています。

豊田汽缶でもSDGs関連データや情報を経営に活用する努力をし続け、エコアクション21にも
かかわる課題を、経営や社会的にも活用していける形を目指し続けていきたいと思います。


豊田汽缶のSDGsの取り組みについて詳細はこちら
2024年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2024年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 夏季休業
  • 請求書締切日
メディア実績

豊田汽缶人気ランキング
訪問者数
0
0
0
1
2
6
1
3
9
産業用ヒートポンプCOM
お役だち情報のリンクです。



TOPへ戻る