本文へ移動

環境用語

環境用語

カーボンニュートラル

カーボンニュートラルとは温室効果ガスの排出量と吸収量を均衡させることを意味します。

2020年10月、政府は2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、
カーボンニュートラルを目指すことを宣言しました。

「排出を全体としてゼロ」というのは、二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの「排出量」※ から、植林、森林管理などによる「吸収量」※ を差し引いて、合計を実質的にゼロにすることを意味しています。

※人為的なもの。

参考HP:脱炭素ポータル

【豊田汽缶の取り組み】
豊田汽缶も、脱炭素(カーボンニュートラル)に向けた
温室効果ガスの削減につながる省エネ施策をご提案しています。

脱炭素

地球温暖化の原因となる代表的な温室効果ガスの大気への排出量を
実質ゼロにすることを脱炭素といいます。
最近では、実質ゼロを目指した脱炭素社会やゼロカーボンシティを目指す方向になっています。

【豊田汽缶の取り組み】
2030年に向けた温室効果ガス46%削減(2013年対比)、
2050年に向けた脱炭素(カーボンニュートラル)に向けた温室効果ガスの削減につながる
省エネ施策をご提案します。

カーボンニュートラルの税制優遇

経済産業省所管の産業競争力強化法に基づき、企業がカーボンニュートラルの実現に向けた
事業再構築に対して、国が金融支援や税制措置によって後押しする施策の1つ。
税制措置を受けるには、青色申告を行っている法人であるほか、
事業適応計画の認定が必要です。

参考HP:国税庁

【豊田汽缶の取り組み】
補助金のご相談も承ります。

グリーン成長戦略

「グリーン成長戦略」正式名称は、「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」と言います。「経済と環境の好循環」をつくるための産業政策や成長を伴った実行計画をまとめたのが「グリーン成長戦略」です。

【豊田汽缶の取り組み】
豊田汽缶は多くのカーボンニュートラルやCo2排出量を削減する商品を多く扱っています。
グリーン成長戦略にも役立つアイテムやご提案も可能ですのでぜひお問合せください。

サステナビリティ

サステナビリティ(sustainability)を直訳すると「持続可能性」となります。
企業で用いる場合は、様々な課題を長期的な視野でとらえつつ、
環境や社会システム維持の活動を指す言葉になります。
企業が活動することで、社会貢献度を上げることができるサステナビリティが
今求められています。企業利益を両立しながら、長期にわたって持続可能な企業を
目指すことにも使われています。

【豊田汽缶の取り組み】
豊田汽缶は環境について持続できる可能性にチャレンジしています。
私たちができることは省エネや環境、エコ、SDGsに沿った企業としての責任を果たすことです。
それに基づいた製品やサービスとともに企業で働く社員の環境も働きやすく整えています!

カーボンオフセット

カーボンオフセット (carbon offset) とは、人間の経済活動や生活などを通して「ある場所」で排出された二酸化炭素などの温室効果ガスを、植林・森林保護・クリーンエネルギー事業による削減活動によって「他の場所」で直接的、間接的に吸収しようとする考え方や活動をいいます。
特定の活動によって、排出される二酸化炭素の量を算出することで
排出される二酸化炭素の量を削減する努力をする行動や、どうしても排出されてしまう
二酸化炭素の量を排出権などを用いてオフセット(埋め合わせ)することを指します。

【豊田汽缶の取り組み】
豊田汽缶も、脱炭素(カーボンニュートラル)に向けた
温室効果ガスの削減につながる省エネ施策をご提案しています。
ヒートポンプやボイラーを使った省エネご提案もその一つです。
環境によって循環することで最終的に省エネとし、環境に良いものをお返しすることは
豊田汽缶でも積極的なご提案の一つです。

2024年4月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2024年5月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • GW休暇
  • 請求書締切日
メディア実績

豊田汽缶人気ランキング
訪問者数
0
0
0
1
2
1
8
9
8
TOPへ戻る