本文へ移動

【施工事例】遮熱シート

T工場様:仕分け場天井 遮熱シート取付

工事期間 :2020年2月~3月

施工前
施工前
施工後
施工後
【 施工方法 】ワイヤー吊り、貼り

測定場所

測定場所

【遮熱効果】太陽からの輻射熱遮断効果

遮光シート効果
遮熱シート施工後の2020年8月1日14時~16時、施工された天井は
遮熱シートの上下(測定場所①.②)で温度差が約8.6℃を記録しました。

また、③外気温度と①天井裏の差が 約11.9℃も有り、
天井からの輻射熱を防いでいることを示します。
施工前サーモグラフィ
施工前サーモグラフィ38.8℃
施工後サーモグラフィ
施工後サーモグラフィ31.3℃

室内空調稼働時のCO2削減効果(測定場所④、⑤)

施工前と施工後の差は約3.7℃有りました。(遮熱率10%)
この温度の差は室内952.75㎥の空間の温度を下げた場合、ヒートポンプ空調機(カタログ値41.2kW)負荷率100%の
節電効果が約325.48kWhとなり
CO2 約143.5kg - CO2が削減
される事となります。

年間で約3,386 kg - CO2 
削減が見込めます。
(0.441kg - CO2 / kWh)

現場で作業されている方より、
かなり涼しくなりました!
とのコメントを頂きました。

K工場様:空調室外機の日射防止カバーの施工工事

工事期間:2020年1月

施工前
施工後
【施工方法】カバーを取外して加工、貼付。 航空障害防止の為、緑色使用。

【データー測定】機械空調室外機群

環境温度を年間連続測定

室外機のコンプレッサー温度と室外機の環境温度を年間連続測定

暑い時期を抽出してグラフ化比較

遮熱シートなし
遮熱シートあり
室外機のコンプレッサー周囲温度と外気温度を連続測定し、
暑い時期を抽出してグラフ化比較しました。

全冷房能力:定格2800kW(ダイキン製)
遮熱シート有りでは、コンプレッサー温度が、遮熱シート無しより、
平均約3~5℃低い状態でした。

遮熱シートの効果として、室外機表面で輻射熱が反射され、
室外機内のコンプレッサーは外気温度の影響が少なくなり、
過熱による停止(※)が発生し難い状態でした。 
※異常停止温度:43℃(メーカー資料参照)

お客様より第3F変台電力量記録を提示して頂き、施工前後を比較

施工前3,098kW/日(22日稼働) 
施工前3,098kWh/日
施工後2,688kWh/日
2019年と2020年の8月電力量を比較し、13.1%減。
約10,170kW/月、CO2換算約4,485kg-CO2の削減となります。

お客様より、冬の電力量が下がっているとの情報をいただきました

遮熱シート取付効果が
冬にも有る事が分りました。

凍結が心配される冬期、湿気の多い朝や夜など室外機の空気取入口には霜が全面付着、自動で電熱ヒーターがONとなり溶かしています。

遮熱シートは、外部からの輻射熱を遮熱しますが、内部で発生した輻射熱は内側に戻す効果がある為、霜が発生し難く電熱ヒーターのONが減りました。(電力量で比較)

2月電力量 20.8%減
約10,304kW/月、
CO2換算約4,544kg-CO2の削減となります

M工場:射出成形機遮熱材取付工事 クリーンルーム室内環境の改善

工事期間:2020年2月~3月

施工前
施工前
取付後
取付後

遮熱率約40%

サーモグラフィーで確認したところ、
施工前43.3℃に対して、遮熱シート上では26.4℃まで軽減していました。

遮熱率約40%
成形機へのヒーター加熱による周囲温度上昇を抑制しました。

T工場様:金型加熱装置トライアル

工事期間:2022年7月

施工前
施工前
施工後 遮熱シート取付
施工後 遮熱シート取付
施工後。遮熱シート取付 熱源側
施工後。遮熱シート取付 熱源側
施工後。遮熱シート取付 熱源側
温度測定。データーロガー5s毎で記録

効果確認1

施工後。遮熱シート取付 熱源側

効果確認2.3

施工後。遮熱シート取付 熱源側
測定温度1.熱源側2.外側3.設備フレーム温度差(1-2)
平均値
77.0
36.7
55.5
40.3
最大値
86.3
41.2
57.5
46.2
最小値
61.6
36.6
52.9
25.0

遮熱シートの熱源側と外側平均して40℃の遮熱効果がありました。

本来なら拡散する熱を反射し、内側に閉じ込めることで、
金型加熱用ヒーターの設定温度を下げることができました。

1.第一段階トライアルとして、今後さらにシート活用を提案中。
 1方向の輻射熱だけなので他の方向も検討中です。

2.センサーや電気ケーブルの耐熱温度を考えて進める予定です。

今後ヒーターの電力使用量を下げて省エネにつなげていく予定です。

遮熱シート検証中物件:焼入れ炉の遮熱対策提案

焼入炉
工事期間:2022年10月度
焼入炉
測定
アコーディオンカーテン
アコーディオンカーテン
アコーディオンカーテン
焼入れ炉に遮熱シートを施工。

【測定結果】
・焼入れ炉の表面温度 約65℃
・シート表面温度 約30℃
・遮熱温度 約35℃

・アコーディオンカーテン施工の効果
熱源部に合わせてレイアウトし、メンテナンス時は容易に開閉できます。

遮熱空間ができ遮熱効果大ということが分かりました。

その他の遮熱シート施工事例

【ガス乾燥炉(30m保全通路:夏場酷暑)】炉内温度の放熱防止
ガス乾燥炉保全通路

【ガス乾燥炉(30m保全通路:夏場酷暑)】炉内温度の放熱防止

訪問者数
0
3
4
3
3
4
2022年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2022年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2023年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 稼働日
  • 年末年始休暇
TOPへ戻る