本文へ移動

ヒートポンプについて

ヒートポンプとは

ヒートポンプとは、少ない消費電力で、空気中などから熱エネルギーをかき集めて、大きな熱エネルギーを作り出し、利用することです。


身の回りにあるエアコンや冷蔵庫、最近では自動販売機などに利用されている省エネ技術です。


ヒートポンプを利用すると、使った電力エネルギー以上の熱エネルギーを得ることができるため大切なエネルギーを有効に使えます。


またCO排出量も大幅に削減できますので、地球環境保全にも貢献します。

ヒートポンプの仕組み

【魅力1】 少ない電力で大きな熱が発生。

少ない電力で大きな熱が発生
1の電力で圧縮機を運転
4の大気の熱をファンで吸収
冷媒の性状を利用し
1+4=5の熱エネルギーを得る

【魅力2】夜間電力でお湯を造ります。

夜間電力でお湯を造ります。
保温付き貯湯タンクを設置し、昼間使用します。夜間または深夜電力を使用し、お湯を造ります。

昼間の湯切れが無い様、バックアップ稼動します。お湯の使用バランスは事前に調査、設計します。

【魅力3】環境にやさしいクリーンエネルギー。

環境にやさしいクリーンエネルギー。
現在の二酸化炭素の排出量を削減し、カーボンニュートラルに大きく貢献します。

重油使用量ゼロ、全て電力にて運用が可能!

化石燃料から電力へ『エネ変』することで、電力もCO2換算されますが、
重油より低い換算率となり、この辺りがCO2削減へとつながります。

【 ボイラーを無くし、オール電化にするメリット 】

  1. ボイラ運転の管理技士が不要となる
  2. 官庁への煤塵届けが不要となる
  3. 重油の場合重油タンクの漏洩定期検査が不要となる

施工事例

業務用ヒートポンプ『三菱重工製』についてはこちら

コスト試算例:お客様の一例

1.ヒートポンプ年間稼働シミュレーション

ヒートポンプの能力計測中(電気)
↑ヒートポンプの能力計測中(電気)
年間を通じてお湯の量が必要となる時期のヒートポンプの稼働時間を夏期・中間期・冬期・着氷期に分け、それぞれの消費電力量をシミュレーションし、
稼働の予想電力単価を出します。

ヒートポンプは電気1に対し、4.0倍の熱を発生しますが、電気ヒーターの場合は1.0倍と電気量=熱量で効率が極めて低くなります。

2.現状の燃料使用量を計算

ヒートポンプの能力計測中(電気)
↑現地温度や流量の『熱エネルギー』計測中
お客様の現在のボイラ年間燃料費を出します。
例えばA重油を使用している場合は、重油の月間・年間の使用量及び金額となります。

使用量はA重油が燃焼した時の発熱量から熱計算とボイラの効率を計算します。
【ボイラで使用する燃料の種類別の熱エネルギーとコスト比較】

高 い  灯油 軽油 A重油 LPG 都市ガス 電気 安 い

全国的な平均ですので地域別では順序が変る場合があります。
電気が経済的に安く、好まれる理由はここにもあります。

3.コスト比較。年間で30%以上節約できる結果に!

ヒートポンプの能力計測中(電気)
現在燃料費(重油代)-ヒートポンプ群電力費(電気代)を差し引くと
年間で30%以上の節約が出来る結果となりました。
こちらのお客様の場合、ボイラ燃料はA重油を使用していてCO2排出量が高くなります。

このように『電力』と『重油』を比較して、
熱効率の高いヒートポンプの導入により、
年間で大幅な省エネ効果と省コストが得られます。

設置後の点検もお任せください。

ヒートポンプを納入してから、毎年『稼働時点検』『定期修繕点検(停止時)』と2回実施しています。

アフターフォローもしっかりサポート致します。

メンテナンス事例

豊田汽缶が設計・施工・メンテナンスしているゴルフ場のヒートポンプです。

年に一回実施しているメンテナンスです。
 
次は2023年1月30日~2月3日まで定期修理を実施します。

消耗部品を替えたり、ストレーナーを清掃したり、電気回りの点検など細かくチェックします。

後ろのクリーム色のタンクは貯湯槽で、これも年1回空にして消毒・清掃を実施し、大腸菌群検査をします。
湯舟やシャワーに使うお湯なので清潔を維持しています。

衛星管理上、タンク内温度を55℃以上保持しなければなりません。
現在は、63℃を維持しています。

年1回の整備メンテナンスと、夏場の稼働時メーカー点検を実施。
その他不具合時に随時対応を行っています。

常に安定した『安心』をお渡しするメンテナンスを実施しています!

カタログダウンロードはこちらから

ヒートポンプ導入でどれだけお得になるか詳しく試算いたします。

訪問者数
0
3
6
6
4
1
2023年2月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
2023年3月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2023年4月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  • 稼働日
  • 年末年始休暇
TOPへ戻る